イントロダクション

華やかなる明の時代、宮廷の料理人と未来の皇帝が運命の恋に落ちる―― 極上の美食とロマンスに酔いしれる、2023年No.1宮廷サクセス・エンターテイメント! 華やかなる明の時代、宮廷の料理人と未来の皇帝が運命の恋に落ちる―― 極上の美食とロマンスに酔いしれる、2023年No.1宮廷サクセス・エンターテイメント!
  • メガヒットドラマ「瓔珞」で一世を風靡した“悲恋カップル” ウー・ジンイエン×シュー・カイ待望の再共演!才能豊かな女官と文武両道の皇太孫が織りなす身分差ロマンスの行方は――?

    メガヒットドラマ「瓔珞」で一世を風靡した“悲恋カップル” ウー・ジンイエン×シュー・カイ待望の再共演!才能豊かな女官と文武両道の皇太孫が織りなす身分差ロマンスの行方は――?

    「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」(以下「瓔珞」)でヒロインを演じて一躍スターダムにのし上がり、フォーブス中国セレブランキングにもランクインするなど今最も波に乗っているウー・ジンイエンが、聡明で正義感の強い女官を好演! ときにはライバルにも手を差し伸べる優しさと料理の腕でチャンスを掴み、女官から皇后へと上り詰めていくまでを、これまでのキャリアを集約させた迫真の演技で体現した! 同じく「瓔珞」で大ブレイクを果たし、「招揺(しょうよう)」「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」と立て続けに主役を務めて不動の人気を獲得したシュー・カイが、のちに明朝第5代皇帝・宣徳(せんとく)帝となる朱瞻基(しゅせんき)に変身! 文武両道で書画や琴もたしなむ完全無欠の皇太孫でありながら、恋した女性にはツンとデレのギャップを見せる魅力あふれる役柄を演じ、Vlinkageドラマキャラクター指数ランキングで堂々の1位に輝くなど、圧倒的なカリスマ性を証明した! 「瓔珞」では愛し合いながらも結ばれなかった悲恋のカップルとして、熱狂的な支持を得た2人。今度こそ結ばれて欲しいと熱望するファンの期待が集まり、1日あたりの再生数は最高1.4億回を記録し、Guduo Mediaのネットドラマ再生数ランキングと熱度指数ランキングで1位を獲得! その後も快進撃を続け、電視猫(TVmao)のレビュー評価9.2という高得点のほか、中国の伝統ある授賞式・第32回“牡丹奨”で優秀テレビドラマ賞を手にする大ヒットとなった!

  • 「瓔珞」の制作チームが奇跡の再結集!華麗なる明朝の宮廷と贅を凝らした中国宮廷料理の数々を圧巻のクオリティで再現した豪華歴史絵巻が誕生!

    「瓔珞」の制作チームが奇跡の再結集!華麗なる明朝の宮廷と贅を凝らした中国宮廷料理の数々を圧巻のクオリティで再現した豪華歴史絵巻が誕生!

    「瓔珞」を世界的ヒットに導いた名プロデューサー、ユー・ジョンと、脚本、美術、衣装の制作チームが再結集したことも話題となった本作。監督とクリエイターチームは数カ月にわたり時代考証を行い、セットの紫禁城の壁を3カ月という時間を費やして再塗装。衣装も80名を超えるスタッフが手作りで制作し、リアルさを追求した! さらに、中国トップクラスの監修者と選りすぐりの料理人、合わせて15名が現場に常駐し、1000を超える美食の数々をすべて本物で再現。それだけでなく、料理を盛る器は「磁都」と称される陶磁器の有名な生産地・景徳鎮や山西の工芸廠に特注した一級品を使用するなど、他に類を見ないクオリティで明朝の宮廷と食を現代に蘇らせた! 一流スタッフたちの手腕が光る映像美とキャストの熱演がシナジーを生み、一大ムーブメントを巻き起こした傑作がついに日本上陸!

    見ているだけでお腹が鳴る!? 「尚食」の飯テロにご注意! 監修者らが大量の史料を読み込み、数百年前の料理を忠実に再現。彩り豊かな映像はもちろん、調理過程で生まれる美味しい料理音が食欲を刺激! 世界三大料理としても認められる、歴史と伝統を誇る中国料理の数々は本編で要チェック! 見ているだけでお腹が鳴る!? 「尚食」の飯テロにご注意! 監修者らが大量の史料を読み込み、数百年前の料理を忠実に再現。彩り豊かな映像はもちろん、調理過程で生まれる美味しい料理音が食欲を刺激! 世界三大料理としても認められる、歴史と伝統を誇る中国料理の数々は本編で要チェック!

  • 栄華を極めた明の時代――紫禁城で巡り合い恋に落ちた女官と皇太孫の運命と痛快なサクセスストーリーを描く、絶品宮廷エンターテイメント!

    栄華を極めた明の時代――紫禁城で巡り合い恋に落ちた女官と皇太孫の運命と痛快なサクセスストーリーを描く、絶品宮廷エンターテイメント!

    朝貢貿易が栄えた15世紀の明朝・永楽(えいらく)帝の時代。王宮では連々と訪れる使節団をもてなすため、食文化にも重きを置いていた。そんな宮中の食事を司る尚食(しょうしょく)局の新人女官・姚子衿(ようしきん)は、幼い頃に一目惚れした皇太孫・朱瞻基の書斎に、膳を届けに行く役目を任される。彼女の料理の腕前と賢明かつ天真爛漫な姿に心惹かれていく朱瞻基。初めは皇太孫としての体面を保とうと取り澄ましていた彼だが、姚子衿が数日書斎に現れないと気になって学びも任務も手につかなくなったり、雪の中で凍える彼女の手を温め上着をかけてあげるなど、ときおり見せる純情で一途な姿に胸キュン指数は急上昇! しかし、ある思いを胸に宮廷に入った姚子衿と朱瞻基の恋は一筋縄ではいかず…!? 皇太孫と女官という身分違いの2人の甘酸っぱいロマンスに加え、野望渦巻く宮中の権力闘争や、尚食局の女官同士の嫉妬や友情などの人間模様も見どころ。そんな中、妃たちにも勝る才能と優れた機転を発揮し出世していく姚子衿のサクセスストーリーが爽快! 明の全盛期を築いた宣徳帝と彼に寵愛された女傑・孝恭章(こうきょうしょう)皇后という実在の人物の若かりし頃をモデルに、史実とフィクションを織り交ぜることでよりドラマティックな極上のエンターテイメントが完成した!

    100%

  • 「家族の名において」ホー・ルイシエン、「燕雲台」ワン・チューラン、「瓔珞」ワン・イージョーほか、今をときめく若手実力派からベテランまで、オールスターキャストがドラマに華を添える!

    「家族の名において」ホー・ルイシエン、「燕雲台」ワン・チューラン、「瓔珞」ワン・イージョーほか、今をときめく若手実力派からベテランまで、オールスターキャストがドラマに華を添える!

    尚食局の反骨精神あふれる女官・殷紫萍(いんしへい)を演じるのは「恋する美食の宮廷記」ホー・ルイシエン。けんかっ早いが憎めない性格で、ヒロインの良き友となっていく。さらに、ヒロインのライバルとなる優秀な女官・蘇月華(そげつか)役には「燕雲台-The Legend of Empress-」ワン・チューラン。嫉妬や愛情に揺れ動く繊細なキャラクターが共感度大! また、冷酷だがヒロインにほのかな恋心を抱くミステリアスな錦衣衛(きんいえい)・游一帆(ゆういつはん)役を「金枝玉葉~新たな王妃となりし者~」ワン・イージョー、複雑な思いを抱えながら朱瞻基の正室となった胡善祥(こぜんしょう)役を「コウラン伝 始皇帝の母」ジャン・ナンといった実力派の若手スターが務めるほか、「清越坊の女たち~当家主母~」ワン・イエン、「蒼穹の剣」ユー・ロングアン、「夕月花(せきげつか)~三世を駆ける愛~」ホン・ジエンタオ、「コウラン伝 始皇帝の母」リウ・ミンなどベテラン豪華俳優陣がドラマを一層盛り上げる!

キャスト&相関図

  • ウー・ジンイエン(呉謹言)  1990年8月16日生まれ。10年に女優活動を開始。「秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜」(14)「鳳囚凰~陰謀と裏切りの後宮~」(18)などに出演後、18年のメガヒットドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で主演を務めて大ブレイク。第24回華鼎奨最優秀女優賞※をはじめ、数々のドラマ大賞で栄冠に輝く。「コウラン伝 始皇帝の母」(19)でも好評を博し、近年は様々なジャンルの作品で活躍する、人気と実力を兼ね備えたスター女優。※中国時代劇ドラマ部門 ウー・ジンイエン(呉謹言)  1990年8月16日生まれ。10年に女優活動を開始。「秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜」(14)「鳳囚凰~陰謀と裏切りの後宮~」(18)などに出演後、18年のメガヒットドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で主演を務めて大ブレイク。第24回華鼎奨最優秀女優賞※をはじめ、数々のドラマ大賞で栄冠に輝く。「コウラン伝 始皇帝の母」(19)でも好評を博し、近年は様々なジャンルの作品で活躍する、人気と実力を兼ね備えたスター女優。※中国時代劇ドラマ部門
  • シュー・カイ(許凱)  1995年3月5日生まれ。モデル活動を経て、16年に俳優デビュー。ウー・ジンイエンと共演した「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」と、それに続く「招揺(しょうよう)」(18)で一途な見守り男子役を好演し、不動の人気を獲得。その後も「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」(20)「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」(21)など主演作を立て続けにヒットさせ、若手スターの座を確固たるものにする。今後も話題作が多数控える、国宝級イケメン俳優。 シュー・カイ(許凱)  1995年3月5日生まれ。モデル活動を経て、16年に俳優デビュー。ウー・ジンイエンと共演した「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」と、それに続く「招揺(しょうよう)」(18)で一途な見守り男子役を好演し、不動の人気を獲得。その後も「天舞紀~トキメキ☆恋空書院~」(20)「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」(21)など主演作を立て続けにヒットさせ、若手スターの座を確固たるものにする。今後も話題作が多数控える、国宝級イケメン俳優。

STAFF

プロデューサー:ユー・ジョン(于正)「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」

監督:ワン・ウェイ(王威)「伝家(原題)」/バイ・ユンモー(白雲黙)「大唐流流~宮廷を支えた若き女官~」

脚本:ジョウ・モー(周末) 「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」

ストーリー

100%

あらすじ

明・永楽帝の時代。絶え間なく訪れる使節団をもてなすため、宮中の食事を担う尚食局では新たなる掌膳選びが行われていた。尚食局の厨師になることを願う姚子衿は、持ち前の才能を発揮して見事首位に選ばれるが、厳しい司膳からは認められず下っ端として尚食局入りする。そんなある日、先輩女官に頼まれて、幼い頃から密かに憧れている皇太孫・朱瞻基の書斎に食事を届けることになった姚子衿。彼女の料理の腕前と気遣いに心惹かれた朱瞻基は、度々書斎へ料理を運ばせ、距離を縮めていく。朱瞻基はどんなときも真っ直ぐに想いを伝えるが、姚子衿には秘められた過去があり…?

1  飲食の道

中国明(みん)代永楽(えいらく)20年、第3代皇帝の永楽帝・朱棣(しゅてい)が北征から帰還するという知らせを受け、皇太子・朱高熾(しゅこうし)は不安にさいなまれる。朱高熾が頼りにする息子で皇太孫の朱瞻基(しゅせんき)は南巡から戻る途中、悪路に阻まれ都にたどり着けない。その頃、宮中の尚食(しょうしょく)局では新しい掌膳(しょうぜん)の選抜が行われていた。尚食局で厨師(ちゅうし)として働きたいと願う姚子衿(ようしきん)、蘇月華(そげつか)、殷紫萍(いんしへい)の3人は審査のための料理作りに励む。そして“飲食の道”を問われると三人三様に答える。

2  皇太孫の帰京

重陽(ちょうよう)の宴(うたげ)と兵営での慰労の宴が重なり、尚食局は窮地に陥る。なかなか食が進まない永楽帝だったが、機転を利かせた姚子衿の考えた献立を口にする。一方、臣下の罪を見逃したとして朱高熾が罪に問われそうになるが、皇太子妃・張(ちょう)氏が料理を使って助け船を出す。姚子衿は再吟味の結果、尚食・孟紫澐(もうしうん)により首位に選ばれるが、それを不満に思う司膳(しぜん)・王遥清(おうようせい)によって、罰を与えられてしまう。そんな中、南巡に出ていた朱瞻基がついに帰京する。

3  菜食の工夫

永楽帝に命じられて馬に乗った朱高熾だったが、暴れ馬に振り落とされ、息子である朱瞻基に救われる。制御が利かなくなった馬が永楽帝へと突き進んだ時、颯爽と飛び乗って制止したのは錦衣衛(きんいえい)指揮同知の游一帆(ゆういつはん)だった。怒りが収まらない永楽帝は尚食局に朱高熾の減量を命じるが、肉や魚を禁じられた朱高熾は食欲を失い、健康面が危惧される。尚食局で工夫を凝らしてもうまくいかない中、典膳(てんぜん)・趙嵐翠(ちょうらんすい)の青菜炒めに箸が動いた。

4  錦衣衛(きんいえい)の取り調べ

典膳の後任になるため、殷紫萍は姚子衿に教えを乞いながら学問に励んでいた。そのそばで、懸命にコオロギを探す姚子衿。そんな折、出自を偽って宮中に忍び込んだ者がいることが判明し、皇宮は大騒ぎとなる。錦衣衛は厳しく取り調べを行うが、游一帆は姚子衿に疑いの目を向ける。また殷紫萍も、さまざまな知識を持ち何でもできる姚子衿を疑い始める。一方、姚子衿は温かい羊の鍋を食べたいと願う朱瞻基のために、自ら昼餉(ひるげ)の担当を願い出る。

5  運命の2人

出自を偽り宮中入りしたと疑われた姚子衿が手のひらを見せると、証拠となるはずのほくろはなかった。疑いは晴れ、孟紫澐は尚食局に怪しい者はいないと断言する。隠れていた殷紫萍は危機を免れたが、姚子衿に詰め寄られ自らの出自と壮絶な半生を白状する。姚子衿は殷紫萍がかつての師匠に似ていると感じ、殺されかけたことも許してしまう。しかし部屋の外で立ち聞きしていた蘇月華が孟紫澐に殷紫萍の正体を伝えると、殷紫萍は厨房(ちゅうぼう)入りを禁じられる。

6  典膳(てんぜん)選び

ある日の夜、姚子衿は夜食を持って行雲草舎(こううんそうしゃ)を訪れていた。返事がないため中へ入ってみると誰もいない。姚子衿が机に置かれた書を読んでいると、朱瞻基が戻って来る。一方、空席のままだった典膳選びの日。皇太子妃が開く花の鑑賞会を兼ねた宴で、その選抜が行われることになった。本来、お題は自由のはずだったが、急遽、皇太子妃が決めることになる。荘妃(そうひ)・韓(かん)氏たちも集まり、皇太子妃がお題を出そうとすると、朱高熾の寵愛する側妃(そくひ)・郭(かく)氏が現れる。

7  父と子

放火により錦衣衛に捕らえられた美人(びじん)・喩(ゆ)氏は、皇帝暗殺を企てた黒幕は朱高熾だと自白。さらに尚食局も関わったと主張したことで、尚食局は錦衣衛の監視下に置かれ、孟紫澐らは捕らわれてしまう。そんな中、姚子衿は見張りの目を盗み軟禁された荘妃に食事を届けるが、游一帆に見咎(とが)められて獄中へ。永楽帝の前で真実を話すよう脅された姚子衿は、喩美人の食事記録をもとにして、ある賭けに出る。一方、朱瞻基も喩美人の自白には裏があると考えていた。

8  それぞれの強み

朱瞻基は喩美人の自白の裏に游一帆が関わっていると察したが、永楽帝からこれ以上関わるなと暗示された。姚子衿は荘妃に菓子を届けた帰り大雨に打たれ、ひどい風邪をひいて尚食局の仲間たちに心配される。姚子衿が膳を届けに来なくなり朱瞻基はいらだっていたが、風邪だと知るとひそかに薬を手配した。回復した姚子衿が皆に疎まれている司膳・胡善囲(こぜんい)に食事を届けに行くと、姚子衿の人柄を見込んだ胡善囲から教えを授けたいと切り出された。

9  女子おなご矜持(きょうじ)

朱瞻基に命じられ、書棚の整理をしていた姚子衿は、そこで1枚の絵を見つける。ちょうど異国からの使者をもてなすための料理を考案中だった姚子衿は、その絵のことや異国のことを朱瞻基に問う。一方、朱瞻基と皇太孫妃・胡善祥(こぜんしょう)との関係はぎくしゃくしていた。胡善祥は朱瞻基が来るのを待ち続けているが、朱瞻基は素直になれずなかなか足が向かずにいた。そんな朱瞻基を見た姚子衿は、胡善祥に会いに行くようにと勧める。

10  12月の閻魔(えんま)

体調を崩しがちとなった永楽帝は、孫の朱瞻基に国を託そうと決意していた。12月8日の臘八(ろうはち)節。游一帆は尚食局を訪れ、姚子衿に書物を手渡そうとするが、姚子衿は受け取ろうとしない。しかし游一帆から今日が誕辰(たんしん)だと聞いた姚子衿はあり合わせの材料で長寿麺をふるまう。その麺は游一帆にとって母の味であった。そして雪の日、冷えきった体で食事を届けに来た姚子衿の姿を見た朱瞻基は、強気にふるまう彼女に対してある言葉を口にする。

11  除夜の(うたげ)

宮中では除夜の宴が始まった。尚食局にとって、この宴は御膳の権利を賭けた尚膳監(しょうぜんかん)との勝負の場だった。双方が全力を尽くした料理を味わう皇族たち。同じ頃、北鎮撫司(ちんぶし)では游一帆たちが極秘の任務に備えていた。尚食局の厨房に卵白を使った料理が返され、漢(かん)王妃・韋秀禎(いしゅうてい)が卵白でぜんそくを引き起こすと聞かされた蘇月華は青ざめる。宴の場では蘇月華が作った炒め物を口にした漢王妃が発作を起こし、騒然となった場に兵が踏み込んで来た。

12  恋心と務め

漢王妃が亡くなった件の責任を取って、孟紫澐は尚食の座をはく奪されることになった。姚子衿は草舎に膳を運びに行くが、除夜の宴の準備で4日間徹夜していたため、待っている間に居眠りをしてしまう。朱瞻基は、そんな姚子衿を抱きかかえて草舎に運び、激務の尚食局を辞めて、草舎に来ないかと問う。その頃、草舎の外には胡善祥の姿があった。草舎から聞こえてくる琴の音を聞き、誰が弾いているのかを調べるよう侍女の画屏(がへい)に命じる。

13  最後の胡桃(くるみ)

「帰還したら共に狩りを」と朱瞻基に約束し、5度目の北征に向かった永楽帝だが、そのまま帰らぬ人となってしまう。国中が喪に服す中、後宮では子のない妃嬪(ひひん)が殉葬(じゅんそう)されることに。旅立ちの日、姚子衿と殷紫萍は荘妃が好きだったという胡桃(くるみ)汁粉を作って届けるが、荘妃は「この味ではない」と拒み、「紫禁城から出してほしい」と懇願する。必ず戻るという荘妃の言葉を信じ、姚子衿はある手だてを講じるが、約束の日没が近づき…。

14  鳳凰佩(ほうおうはい)の秘密

永楽帝の崩御により朱高熾が即位して洪熙(こうき)帝となり、朱瞻基は皇太子となった。連日の葬儀疲れで咳が止まらない新皇太子妃・胡善祥のもとへ姚子衿が薬膳を届けると胡善囲が現れ、姚子衿が荘妃の逃亡を助けたことを暴く。皇帝となった朱高熾は仁義を重視する政策を立て、民の負担となる税を免除し、罪人を許したり交易の中止を検討したりしていた。祖父の抱負を知る朱瞻基は罪人を一律に許すことや南京への遷都案に異議を唱え、父子は対立する。

15  懐妊騒ぎ

尚食(しょうしょく)に復職した孟紫澐(もうしうん)は、洪熙(こうき)帝・朱高熾(しゅこうし)に膳を届けた際に光禄寺(こうろくじ)卿・井泉(せいせん)が、朱高熾の意に反し玉面狸(ぎょくめんり)を探していることを報告する。それが発端となって取り調べが行われ、井泉が私腹を肥やし、その帳簿改ざんに尚食局が関わっていることが判明する。一方、皇后・張(ちょう)氏は三月(みつき)ほど体調を崩していた。司薬(しやく)が脈を取ったところ、病ではなく懐妊だとの診断が下される。姚子衿(ようしきん)は懐妊した張皇后のための薬膳を用意する担当を任されるが…。

16  皇后の決断

侍医たちによる懐妊の診断に納得のいかない張皇后は、宮中を追放された侍医・盛寅(せいいん)の診察を受けたいと朱高熾に訴えるが、朱高熾は張皇后の訴えに耳を貸そうとせず、貴妃(きひ)・郭(かく)氏も皇后のわがままをなじる。そんな時、皇太子・朱瞻基(しゅせんき)が盛寅を宮中へ連れ戻し、再び張皇后を診察させる。太医(たいい)院の処方薬と盛寅の処方薬は、正反対の性質を持つものであった。後宮内で始まった張皇后と郭貴妃の対立に、姚子衿ら尚食局の面々も巻き込まれていくことに。

17  名画の再現

夜の厨房(ちゅうぼう)で姚子衿は行雲草舎(こううんそうしゃ)に入る胡善祥(こぜんしょう)の姿と、さらに死ぬ間際「地位を取り戻せ」となじった嫡母のことを思い出していた。梅花湯麺(ばいかタンメン)を朱瞻基のもとへ届けた姚子衿は、料理を褒められても旬の物には及ばないと否定する。そして妃嬪(ひひん)になるのは嫌だと言い放ち、一生、尚食局の厨師(ちゅうし)でいると伝え、知らぬ間に大勢を傷つけている朱瞻基を非難して2人は決裂した。朱瞻基は張皇后に言い含められ、胡善祥と関係を築こうとするがかみ合わない。

18  西苑(せいえん)での(うたげ)

姚子衿の案を盗み「輞川図(もうせんず)」を再現しようと試みた蘇月華(そげつか)。だが、姚子衿はこっそりと絵に罠(わな)を仕掛けていた。王維(おうい)は仏教を信仰していたが、その輞川図には僧侶が描かれていなかったのだ。それを見抜けなかった蘇月華は、第1局の勝負に負けてしまうが、第2局も自分に任せてほしいと胡善囲(こぜんい)に訴える。一方、朱瞻基は心を開いてくれない姚子衿のことで悩んでいた。西苑(せいえん)で開かれた宴(うたげ)の席でも、出された料理を素直に食べずケチばかりつけていた。

19  貴妃(きひ)(たくら)

衛(えい)王・朱瞻埏(しゅせんえん)に毒のある料理を食べさせた罪で捕らえられた殷紫萍(いんしへい)たち。姚子衿は張皇后に冤罪(えんざい)であると訴え出るが、その代償として重い刑に処されることに。そんな姚子衿を見兼ねた朱瞻基と游一帆(ゆういつはん)は救いの手を差し伸べようとする。張皇后は姚子衿に尚食局が潔白であるという証しを問いただすが、姚子衿の答えは思いもよらないものであった。一方、床に臥した朱瞻埏を案ずる朱高熾に、郭貴妃は張皇后が恨みを晴らそうとしたのだと訴える。

20  大抜擢の顚末(てんまつ)

姚子衿は料理を無駄にする朱瞻埏の腕をつかんだ。そして太祖(たいそ)の祖訓を持ち出して食糧の大切さを説き、皇室の威厳を傷つけぬようにと説教をした。兄の朱瞻基にも振る舞いを叱られ恨みを募らせた朱瞻埏は姚子衿の後をつけ捕らえようとするが、そこへ郭貴妃が現れる。姚子衿は孟紫澐の指示どおりに朱瞻埏をおびき出し、母子の再会を叶えたのだった。孟紫澐がなぜ郭貴妃に仕えるのか姚子衿は疑問を抱くが、孟紫澐には秘めた野心があった。

21  天命に(あらが)う者

姚子衿は朱瞻基のために絵についた染みを取って届ける。朱瞻基はそんな姚子衿の行動を、内心ではうれしく思いながらも素直になれないでいた。一方、張皇后は、朱瞻基に跡継ぎが生まれないことを心配し、胡善祥たち妃(きさき)に懐妊を促す薬を飲ませたり、朱瞻基の気に入りそうな女子(おなご)を選び東(とう)宮に遣わしたりしていた。それを知った朱瞻基は、女子たちを張皇后のもとへ送り返すが、張皇后は諦めず、ある夜、夜食を運ばせる口実で姚子衿を坤寧(こんねい)宮へ呼びつける。

22 上元(じょうげん)節の勝負

姚子衿を息子・朱瞻基の妃として迎えたい張皇后は、姚子衿の兄を使い説得させようとする。兄は家族を盾にして懇願するが、姚子衿はそれを拒む。上元(じょうげん)節の宴が近づく中、手の傷が癒えない姚子衿。しかし後遺症を覚悟のうえで孟紫澐の助手をやり抜くことを決意し、胡善囲に宣戦布告をする。孟紫澐と胡善囲は、朱高熾から群臣の宴に供する料理として選ばれたほうを勝者とすることに合意。一方、朱瞻基は宴席の警護を強めるよう配下に命じていた。

23 最後の告白

朱瞻基は姚子衿の右手のケガに気づき、ひそかに司膳(しぜんし)司に薬を届けるが強がって心配するそぶりを見せない。上元節の宴では孟紫澐の失言で朱高熾の機嫌を損ねた挽回をすべく、姚子衿が配膳を請け負い見事に料理の説明を果たした。胡善囲との差を詰め、勝負は御前での調理へと移る。胡善囲と蘇月華が手掛ける子豚の丸焼きに麒麟(きりん)の図紋(ずもん)が浮き上がると一同沸き上がるが、調味料が滴って朱高熾の衣に火が燃え移り、その騒ぎに乗じて刺客が動き出す。

24 すれ違い

上元節の刺客騒ぎで傷を負った朱瞻基だったが、母である張皇后を心配させぬよう負傷したことを秘密にしていた。そのこともあって、父である朱高熾からは助けに来なかったと誤解され父子の溝は深まるばかりだった。ある日、昼餉(ひるげ)を届けに来た姚子衿に会おうと朱瞻基が外へ出ると、楽しそうに話をする姚子衿と梅少淵(ばいしょうえん)の姿があった。その後に設けた食事の席でも、梅少淵と姚子衿は意気投合し、そんな2人の姿に朱瞻基は複雑な思いを抱く。

25 駆け引き

姚子衿が練武場に用意した炙り肉を食した朱高熾は、朱瞻基との思い出を語り、父子の距離は縮まったかに見えた。朱瞻基は姚子衿の本音を聞き出そうとするが、姚子衿が口にしたのはなぜか朱高熾を褒め称える言葉ばかり。朱瞻基の傷を案じ草舎を訪れた朱高熾は姚子衿の言葉を耳にし、自らへの諫言(かんげん)をうながす。姚子衿にはある狙いがあった。利用されたと感じた朱瞻基は姚子衿を嘘つきだとなじる。そんな時、姚子衿は張皇后の侍女から呼び出され…。

26 別れの麺

皆が勢ぞろいする場で、張皇后は姚子衿を皇太子嬪に封じるよう朱高熾に進言し認められた。朱瞻基と姚子衿の抵抗もむなしく話は決まる。游一帆は朱瞻基への恨みをますます募らせ、宮中の様子を漢(かん)王・朱高煦(しゅこうく)に知らせて謀反を促そうとする。皇太子嬪に封じられる前夜、尚食局で姚子衿と殷紫萍は最後に2人で麺を食べ語り合い、別れを惜しんだ。そして冊封の当日、礼服に身を包んだ姚子衿は乾清(けんせい)宮へと向かい、厳かに儀式が執り行われた。

27 牡丹(ぼたん)

皇宮では張皇后の誕辰(たんしん)が近づいていたが、今年は朱高熾が病のために誕辰宴は見送ることになっていた。だが郭貴妃が自ら宴を取りしきりたいと朱高熾に申し出る。一方、皇太子の妃嬪たちは姚子衿が皇太子嬪となってから、姚子衿の居所に集まるようになっていた。姚子衿を囲み、皆で刺繍をしたり絵を描いたりしていたが、呉妙賢(ごみょうけん)はそれが面白くない。張皇后の誕辰祝いに、妃嬪たちは皆で牡丹(ぼたん)の絵を描くことにするのだが、姚子衿はある計画を思いつく。

28 隠蔽

朱高熾の突然の崩御。ところが張皇后は、孟紫澐や楊士奇(ようしき)など、ごくわずかな腹心の力を借りて隠蔽を行う。それは南京にいる朱瞻基の帰京を待つためであった。しかし宮中の異変を察知した游一帆は朱高煦のもとへ知らせを送っていた。そんな中、朱高熾の死の直前に酒杯を捧げた郭貴妃は逃亡。姚子衿が滞在する朱瞻基の書斎へ逃げ込み、潔白を主張する。その頃、急報を受けて帰路を急ぐ朱瞻基ら一行は、刺客に襲われていた。

DVD&配信&OA

SELL

  • DVD-SET1 2023.2.3 [Fri] RELEASE

    17,600円(税抜16,000円)

    GNBF-5749/第1話〜第14話/4枚組

    • ●アウターケース付き
    • ●封入特典:リーフレット(4P)
  • DVD-SET2 2023.3.3 [Fri] RELEASE

    17,600円(税抜16,000円)

    GNBF-5750/第15話〜第28話/4枚組

    • ●アウターケース付き
    • ●封入特典:リーフレット(4P)
  • DVD-SET3 2023.4.5 [Wed] RELEASE

    17,600円(税抜16,000円)

    GNBF-5751/第29話〜第40話/4枚組

    • ●アウターケース付き
    • ●封入特典:リーフレット(4P)
    • ●特典映像(約130分)
      • ・インタビュー集
      • ・メイキング集

RENTAL

Vol.1〜6 2023.2.3 [Fri] RELEASE  Vol.7〜12 2023.3.3 [Fri] RELEASE  Vol.13〜18 2023.4.5 [Wed] RELEASE  Vol.19〜25 2023.5.3 [Wed] RELEASE

配信

  • リリース日よりU-NEXTにて独占先行配信開始

OA

  • WOWOWにて2022年9月1日より放送

スペシャル